海外wifiレンタルにおすすめの業者の口コミや評判を比較してご紹介

前日の海外Wi-Fiレンタルは可能?

海外旅行や出張に行くことになって、現地情報を集めたり荷物をまとめたりするだけでも気を配ることが多くて大変です。

忙しくてうっかり見逃しがちなのがネット環境をその国用に整えておくことです。

パソコンやスマートフォンはネット回線があってこそ使えます。

海外では現地の業者がありますので、日本のものをそのまま持って行っても利用できません。

そんな時に必須なのが海外Wi-Fiレンタルですが、前日でも間に合うのでしょうか。

世界のネット回線事情を知っておこう

ネット回線を利用するには周波数が決まっています。

しかし、採用している周波数帯は各国で違うのが実情です。

日本で使っているスマートフォンやWi-Fiは日本で使うことを前提としているので、日本の周波数帯に合わせて作られ、それ以外の周波数では動きません。

ですから、日本向けのスマートフォンやWi-Fiをもっていっても現地では周波をキャッチできないので利用できません。

残念ながら日本の周波数帯と共通している国はほとんどなく、一部同じところもある程度なのです。

日本人が訪れることも多いアメリカや中国、韓国などを見ても、日本とは異なった周波数帯を利用しているので、行く国に対応しているWi-Fiレンタルを使用しないとネットから切り離された生活になってしまいます。

機種が周波をキャッチできないばかりか、その国のネットを利用するには現地で回線を提供している業者との契約も必要になります。

自分でその時だけのために契約するにも、制限があるので前払い式などを選ぶことになりますので面倒ですし、好きなように使えないのも手間です。

このように国外でネットを利用しようとすれば周波数帯が異なるので、日本の機種を現地の周波数帯に合ったものに変えることが必要です。

また、現地のネット回線会社との契約もしなくては利用できません。

それを全部代わりに日本向けに変えて提供してくれるWi-Fiレンタルが必須なのです。

前日に気づいてもレンタルは可能か

ネットのことをうっかり忘れていて直前に気づいてしまうこともあります。

ネットは今の時代は必要不可欠なので、どうしても用意しておきたいですが、さすがに前日になってしまうと無理なのではと諦めモードになってしまいます。

制限はありますが前日でもまだ間に合います。

Wi-Fiレンタル会社の多くはサイトを持っていてそこから申し込んだり、電話でも受け付けていることが多いです。

ですから、気付いた時にすぐに申し込みをしましょう。

前日の何時までなら翌日以降に貸し出せるという条件を付けていることも多いので、早めに越したことはありません。

この時に使う国によって周波数帯が異なるので、貸し出しの機種も国別で保有台数の上限があります。

もしかしたら、その国の分は上限に達していて受付できないというケースも可能性としてはあります。

しかし、業者も複数存在していますので他を当たってみると良いですし、余裕をもってそろえているので問合せする価値はあります。

必要事項を入力して支払いをすれば、当日に空港でWi-Fiと引き換えというシステムが多いです。

申し込み段階で必要書類や条件はないですし、支払いはクレジットカードを利用できるところが多いので、処理も簡単です。

ただし、引き換えできる空港はいくつかに決まっています。

ですから、その候補にない空港を利用して旅立つ予定なら、レンタルすることは難しいでしょう。

ただ、国際線が利用している空港の多くで専用カウンターを設けている業者が多いので、この点だけクリアできれば直前の申し込みでも間に合う可能性が高いです。

使い方も簡単だから予習不要で使いこなせる

何も調べずに直前に予約して、出発前にWi-Fiの機体をもらっても使いこなせなくては意味がありません。

数日前に手元に届いていれば操作や設定などを事前に予習しておくこともできて安心です。

しかしその時間もない状態では、本当に現地についてすぐにつながるのかは心配になります。

ところが使い方はとっても簡単で、簡易的な説明書もついているので一読すれば問題なく使いこなせます。

現地のネットにつながりやすいように状態を整えてあるので、ひと手間の接続作業だけで使えるようになります。

飛行機を待っている時間や飛行時間中に説明書に目を通しておけば、到着後に数分でセッティングが終わるので初めて使う方でも安心です。

これなら到着後の連絡から使えるので手間もかからずに、あっという間に現地の情報も集められます。

空港で引き換えができたように、帰りも空港で返却ができます。

返却期限忘れ防止にもなりますし、余計な費用も省けるので便利です。

数日前に申し込みをしておくと、自宅に配送してもらうこともできますし、もちろん返却は空港と選べる幅も広くなります。

1日前だとさすがに自宅に配送は間に合わないので受け渡し場所が空港に限られてしまうことがほとんどですが、それでもちょっと立ち寄るところが増えるだけなので便利なのに変わりはありません。

直前でも必須アイテムを簡単に、無駄なく手にできますので焦ることはありません。

まとめ

海外でも必須アイテムのネットですが、それを利用するにはその国の周波数帯に合わせたWi-Fiレンタルをしなくてはなりません。

前日に申し込みをしても対応できますが、受け渡し場所が空港になることが多いです。

自分の利用する空港であれば問題がないですし、設定や使い方も簡単なので焦ることはなく初めてでも使いこなせます。