海外wifiレンタルにおすすめの業者の口コミや評判を比較してご紹介

wifiレンタルを国内と海外で使う時の料金は違う?

wifiレンタルを国内と海外で使う時の料金は違う?

 

WiFiルーターはスマートフォンやパソコン・タブレットなどの機器を使ってWiFi通信を行えるように変換するものです。
海外に出掛ける際にWiFiルーターをレンタルすることがありますが、それぞれの国によってWiFiルーターの料金が異なります。

 

それぞれの国によって価格が異なります

日本でWiFiルーターを利用する場合、ルーターで通信契約している携帯キャリアから電波を受け取りその契約料金が通信料金になります。
携帯キャリアの契約内容や料金設定によって料金が異なります。
海外向けWiFiルーターを利用する場合、現地の携帯キャリア電波に接続することでWiFi電波に変換することが可能です。
WiFi通信ができるようになるので、現地の通信電波を受信することができます。
国内の携帯キャリアの通信料金が異なるように、それぞれの国によっても通信料金が異なる仕組みです。
WiFi」という言葉は無線通信形式を意味しますが、現在「WiFiレンタル」という言葉が「WiFiルーター」をレンタルすることを意味しています。
WiFiルーターをレンタルする理由としていくつかあり、例えば海外で日本のスマートフォンでデータ通信を利用すると値段がかなり高くなるので、日本で使っているスマートフォンを使用しなくなりますがそうなるとかなり不便です。
無料WiFiスポットがあるのですがその場所に行かないと通信することができないという不便さもあり、結果的に海外に渡航する場合WiFiルーターをレンタルする人が多くいます。

 

無料WiFiスポットがいくつかあります

最近国内では無料WiFiスポットが増えてきていて、海外でも有名なハンバーガーチェーン店やコーヒーチェーン店などに入ると繋げることが可能です。
ホテルはそのグレードによって無料だったり有料があり、事前に宿泊するホテルが無料WiFiなのかどうかにチェックしておくと良いでしょう。
一般的に中級レベルのチェーンホテルには無料WiFiが設定されていますが、高級ホテルになるほど無料ではなく有料で利用する傾向があります。
スマートフォンなどはそのようなスポットで利用することができますがパソコンでメールをやり取りする場合は机のあるスペースが良く、移動しながら地図を検索する場合にはやはり不便を感じます。
レンタルすると携帯での料金より安く抑えることができ、移動中も使うことができるのでレンタルしていくことをおすすめします。
例えば自分の携帯で海外通信できるようにしても海外通信料金1日2000円~3000円ぐらいになるので、1週間使っているとかなりの金額になるので注意が必要です。
海外では自分のスマートフォンを使わないと決めたとしても、つい地図を見たくなったりメールやLINEで連絡したくなるでしょう。
Facebookなどに写真をアップしたくてもできないので不便を感じます。

 

海外WiFi定額を利用するとお得です

日本には3つの大手携帯電話キャリアがあり、海外でも同じようにいくつか携帯キャリアが存在します。
携帯キャリアはそれぞれパケット料金を設定していて、レンタルWiFiの場合は成田や羽田・自宅に事前配送などによって渡航前にレンタルすることができ、注意点として現地に到着するまで電源を入れてはいけませんという注意書きがあります。
現地での携帯キャリアから発生される電波を受け初めて機能することになるので、日本にいる時に電源を入れても国内で飛んでいる電波は受け取ることができません。
レンタルWiFiは現地にある携帯キャリアから電波を受け、現地で設定されている通信料金を払うことによって利用することが可能です。
国によってレンタルWiFiの料金は異なり、例えば海外WiFi定額として
★アジアの場合、韓国や台湾、中国や香港などは1日510円以上になります。
★北米やハワイの場合、アメリカやハワイ・グアムなどは1日600円以上です。
★ヨーロッパの場合、イギリスやフランス・ドイツなどは1日750円以上での利用になります。
それぞれ1日1000円以下で利用することができ、WiFiルーターをレンタルすると、国内で使っている携帯を海外設定用にアレンジするよりもお得でしょう。

〇まとめ
海外出張や旅行する際、海外向けのWiFiルーターをレンタルすると便利です。
WiFiルーターは現地でスマートフォンなどを使ってデータ通信を行うための機器で、自分の端末を現地で利用することができます。
・いくつかメリットがあり例えば日本と同じような通信環境を整えるのにWiFiルーターを利用すると便利で、通信料金はそれぞれの国によって異なりますが日本のスマートフォンを海外でそのまま使うよりもコストを抑えることが可能です。
・オプションで必要なのは予備バッテリーや端末に関する補償制度などで、申し込みする場合はインターネットなどを利用して行うことができます。
・注意しなければいけないことは、レンタル期間に関して十分な確認が必要です。
海外への行きや帰りも飛行機に乗っている時間もレンタル期間として含まれるので、渡航先の国や出張する期間などによって損をすることもあるでしょう。
出張が短期の場合は過剰にレンタルすることになるかもしれないので、事前にスケジュールを把握しておくことをおすすめします。