海外wifiレンタルにおすすめの業者の口コミや評判を比較してご紹介

海外wifiレンタルの返却方法は?


スマホを外国にそのまま持って行くと通信料金が大変なことになるので注意しましょう。
その時にはWifiがレンタルできるのでそちらのサービスを検討すると良いでしょう。
しかしどこで借りてどこに返却するのかがわからないときがあります。

 

日本の空港で借りて日本の空港で返す

旅行に行くとき、旅行の日までに十分準備をしておきます。
遠方に長く行くときにはそれなりに荷物も必要になるので、大きな荷物になるかもしれません。
忘れ物などがないように十分注意しておく必要があります。

海外に行くときであればスマートフォンなどを使わないと考えるかもしれませんが、持って行くと現地で情報収集が行えます。
日本の通信会社を利用すると高額請求を受けますが、現地の通信会社のwifiレンタルが利用できるので、そちらを利用すればほぼ固定料金のみだけで使うことができます。

ではどうやって利用するかですが、まずインターネットで申し込みをします。
すると受け取ることができる空港が選べます。
大手の業者であれば、国際便のある空港や港等でブースを設けてくれていて、そこで借りることができます。
予約をしたときの情報をきちんとメモしておき、空港の所定の場所に行くときちんと用意してくれています。
そこで借りて旅行などに行きます。

では返却方法はどうなっているかですが、基本的には行きで借りた空港のブースで返却します。
大手の業者なら国際便のある空港にブースがあるので、行きと帰国時に空港が異なるときでも一応その業者のブースであれば返却が可能です。
一応利用するときに借りるところはどこか、返却するところはどこかなどを指定するときもあります。
レンタルするのを優先して空港を決める必要はないですが、できれば多くの国際線を持つ空港で利用できると楽かもしれません。

 

宅配便などで受け取って宅配で返す

ネットショッピングをするとき、ネット上から商品の注文をすると宅配便を利用して商品を届けてもらえます。
ネットショッピングができない頃はある店でしか売られていない商品は現地に行かないと買うことができませんでした。
しかしその店がネットショップを運営してくれていれば、どこに住んでいても購入できるようになりました。
ネットと宅配業者のおかげと言えそうです。

ネットショッピング以外にもネットを通じて利用を申請し、サービスを受ける本体を宅配便で受け取る仕組みがあります。
海外旅行などに行くとき、wifiレンタルをすれば現地で自由にインターネット接続ができます。
スマホを使っての情報収集がしやすくなるので、予約しておくと良いかもしれません。
大手であれば、主な国際線を有する空港にブースを設けているので、そこで直接やり取りができます。
しかし地方の空港の一部でも国際線があり、そちらには対応してないときもあります。
となると借りることができませんし返却もできません。

この時の借り方と返却方法としては宅配便を利用します。
ネットで申し込んで受け取り方法などを選択するときに、宅配を希望としておきます。
すると出発日までに送ってもらえます。
帰国時にブースのある空港に戻ってくればそこで返せますが、無い空港だと返せません。
この時は返却も宅配で行います。
帰国をしてから所定の宅配業者を利用して返却します。
利用日数は返却日までのところがあるので、料金に注意した方がいいでしょう。

 

現地で借りられれば現地で返す必要がある

多くの日本人は日本語しか話せません。
英語は何となく聞き取れる、何となく話せる人はいるでしょうが、コミュニケーションが取れるほどでない人が多いでしょう。
もし英語などの外国語ができないとき、あまり現地でコミュニケーションをとる機会があるのは困ります。
両替など日本でできることはすべて日本で済ませようとする人も多いでしょう。
一方で日本で行うよりも現地で行った方がお得になるサービもあります。
それを知っているなら、日本で利用するよりも現地で利用した方が得になりそうです。

海外に行くときにwifiレンタルの利用を検討するときがあります。
日本でホームページを見れば日本の業者の情報がいろいろ出てきます。
基本的には日本で借りて日本で返す仕組みです。
料金も日本で支払います。

外国に行くのに慣れている人であれば、現地にあるレンタル業者のホームページをチェックしてみましょう。
すると日本の業者よりも割安に利用できるところがあるかもしれません。
どこで予約するかは業者によって異なるでしょうが、現地の空港にブースがあるのであればそこで借りられる可能性があります。

その時の返却方法としてはもちろん現地で返さないといけません。
もし日本に持ち帰ったりすると後で本体分の請求が来る可能性があるので注意しないといけないでしょう。
また日本の業者の中には、ハワイなど主要な国にブースを設けているところがあります。
そちらであれば日本の業者でありながら現地で借りて現地で返却が可能になります。

 

大きな国際空港においては、大手業者がブースを設けています。
そちらを利用すれば借りたり返したりができます。
もしブースがない時は宅配を利用して借りたり返したりができます。
現地の業者を利用するなら現地で返します。