海外wifiレンタルにおすすめの業者の口コミや評判を比較してご紹介

LTEと4Gの違いって何?

携帯電話の無線通信の規格として3Gや4G、さらにはLTE等があります。

ルーターをレンタルしようとするときにそれらが表記されているのでどれを選んだらいいのか悩むかもしれません。

内容を知っておくと選びやすくなるでしょう。

 

元々は別の規格として認識されていた

今や多くの人がインターネットを利用しています。

元々はアメリカにおいて軍事目的で技術が開発されたようで、その後世界で容易に情報交換ができる仕組みとして発展してきました。

日本に最初に入ってきたときは一般の電話回線で接続して利用していましたが、情報そのものが文字情報などだったのでそれほど遅さを感じなかったかもしれません。

それまでのパソコン通信よりも利用しやすいサービスとしてどんどん広まります。

当初は有線サービスのみでしたが次第に無線でのサービスも始まり、たくさんの情報量に対応するために無線サービスの技術もどんどん進化していきます。

その時に出てきたのが通信規格における3Gや4Gの言葉です。

GはGENERATIONのGでその前の数字はそれぞれの世代を表します。

3Gは第3世代で4Gは第4世代になり、この数字が大きいほど新しくて高速の通信ができる仕組みであることを表します。

では海外旅行などで利用するwifiレンタルにおいて書かれているLTEと4Gの違いってどこにあるかです。

LTEはLong Term Evolutionの頭文字を取っていて、元々は3Gと4Gの橋渡し的な仕組みでした。

3Gも4GもLTEもあるが、技術的には3Gよりも速いが4Gよりも遅い仕組みです。

その時代においては速い仕組みを利用したいのであれば4Gを選択した方が良かったと言えます。

その後時代が変わっていくにつれて徐々に両者の認識が変わってきます。

現在においてサービスを選ぶときには、どちらにするかを気にする必要性は少なくなっています。

 

現在はほとんど同じ意味合いになっている

コンピュータの技術はどんどん進化しています。

コンピュータの中に入っているCPUはどんどん高速化していますし、記憶装置であるハードディスクの容量もサイズはそのままでどんどん大きくなっています。

かつてはコンピュータを利用する機械が限られていましたが、今は誰もがコンピュータを持つ時代です。

携帯電話として使っているスマホもちょっとしたノートパソコンよりも機能が高いものもあります。

コンピュータによって生活がどんどん豊かになっていると言ってもいいかもしれません。

技術は高くなっていますが、高くなっていく過程においては古い技術などもあります。

パソコンにおいても古いCPUやハードディスクのパソコンが今でも使われるときがあります。

古いからと言ってその事情を知らなくていいわけではありません。

コンピュータを利用する上では通信に関するスピードもどんどん進化していて、携帯電話の回線においては1Gから始まって3G、LTE、そして現在の4Gになっています。

海外旅行に行くときにwifiレンタルを利用しようとするとLTEと4Gの文字を見ることがあります。

元々規格が異なっていたようですが今の違いってどうなっているかです。

今の表記を見ると4G-LTEであったり4GLTEとなっていて一つのサービスになっています。

かつては別の規格でしたが、今はLTEの技術が高まって4Gと同等になっています。

どちらかを選べるわけではなく、最も速いサービスなら4GかLTEの言葉が入っている方を選べばよいと言えます。

 

選ぶときに何を注意しないといけないか

サービスを利用するときに複数の選択肢から選べるときがあります。

値段を見ると一応差があり、一方が安くて一方が高くなっているケースがあります。

利用するならできれば安い方がいいですが、サービスによってはほとんど差がない時もあります。

なぜ複数のサービスがありそれぞれ値段が異なるのかを知っておくと選ぶときの参考になるかもしれません。

海外旅行をするときに考えないといけないのが現地でのスマホ利用でしょう。

日本で契約した機械をそのまま持って行っても使えます。

しかし高額請求を受ける可能性があり、地元の無線LANを利用するにしてもどこでも使えるわけではありません。

そこで検討するのがwifiレンタルです。

日本で借りて持って行くこともできれば、現地で借りて利用することもできます。

その時に複数のサービスが利用できるようになっています。

LTEと4G、さらに3Gがあります。

これらの違いってどこにあるかです。

よく見るとLTEと4Gは料金などは同じ枠になっています。

つまりこちらはどちらも同じ意味合いになります。

一方3Gは別サービスになっていて、料金は少なめになっています。

4GやLTEは高速通信が可能な規格で、3Gは4Gなどよりも低速通信になります。

約10倍の速度嵯峨あるとされているので、4Gに慣れている人は3Gだとかなり遅く感じるかもしれません。

しかし地域によっては4GやLTEが選べずに3Gのみのところもあります。

それはその地域で高速通信の設備がないためです。

3Gを選ぶしかありません。

 

かつては4GはLTEよりも上位の規格として認識されていました。

今は4GもLTEも同程度の速度の通信が利用できるので、高速通信をしたいならどちらかの表記をしている方を選びます。

3Gになると価格は安いですが低速サービスになります。