海外wifiレンタルにおすすめの業者の口コミや評判を比較してご紹介

海外wifiレンタルをキャンセルするとキャンセル料がかかる?

wifiレンタルをして海外に行きたいと考えたら、業者に連絡して予約を取るのが一般的です。
いつからいつまでどの国に渡航する予定で、どのプランを利用したいのか、どの機種を借りたいのかを予め伝えておくことになります。
しかし、予定が変わってしまってキャンセルしたいと思うときもあるでしょう。そのような際にはどのように対処したら良いのでしょうか。
キャンセルするのに料金がかかるのかどうかも理解しておきましょう。

 

キャンセルが必要になったときにする手続き

海外wifiレンタルを利用するときには予約をしますが、渡航予定が変わってしまったときにはキャンセルする必要が生じます。
申し込みをするときにはオンラインフォームに入力して必要事項を記入すれば良いだけで簡単なシステムになっているのが一般的です。
しかし、キャンセルするときにはもう少し手間がかかります。
オンラインで予約取り消しのフォームに入力すれば良いというわけではなく、電話連絡をするのが基本となっています。
サポートセンターやカスタマーサービスなどに電話をして、予約番号などの自分が予約したことがわかる情報を伝えた上でキャンセルしたいと伝えれば処理してもらうことが可能です。

ただし、どのような形でキャンセルできるかは業者次第で、会員登録してマイページが作成されるようなケースではそのマイページからキャンセル手続きを行えることもあります。
即時でキャンセルできることに加え、システムがダウンしていない限りはいつでも手続きができるので便利でしょう。
ただし、直前になるとマイページからのキャンセルはできなくなり、電話で連絡するように指示されることもあります。

また、業者によっては申し込みをしたときに送られてくるメールに返信するか、そこに記載されているカスタマーサービスの連絡先にメールをすれば対応してくれる場合もあります。
しかし、キャンセルが遅れてしまうとトラブルが発生する可能性があるので、すぐにキャンセルしたい意思を伝えられる電話を使うのが安全策です。

ただし、気をつけておく必要があるのがキャンセルできるタイミングです。
サポートセンターなどが開いている時間は限られていて、業者によって対応時間は異なります。
24時間365日でサポートしている業者もありますが、平日の昼間しか対応してくれないこともあるのです。
また、電話だけでなくアプリなどを使って連絡できる業者もあります。
どの方法が簡便かも考えた上でレンタルする業者を決めるのは賢い方法と言えるでしょう。

キャンセルするときに料金は発生するのか

キャンセルするときには契約内容に応じて料金を支払わなければなりません。
業者によって規定には違いがあり、プランによって異なることもあります。
典型的には出発日の4日前までのキャンセルであれば無料となり、3日前からになると選んだプランに応じて決まる料金の全額を請求されるという形になっています。

業者としては既にレンタルするための準備を整え終わっている段階になるからで、場合によっては直前になると既に端末を自宅に宅配してくれてしまっている可能性もあるでしょう。
その費用が発生してしまうことから、3日前というのをボーダーラインとしてキャンセル料がかかるかどうかを決めていることが多いのです。

ただし、あくまで3日前というのは業界のスタンダードになっているだけで、別の日時にボーダーラインを引いていることもあります。
2日前の17時までといった形で少しでも時間制限を緩和することにより、利用してくれる人を増やそうと工夫していることも少なくありません。
また、法人が企業契約をしているときには直前にキャンセルしても費用がかからないといった対応をしている業者もあります。
業者としては大口でいつも利用してくれることの方が重要なので、サービスの一環として行っている対応です。

キャンセルしたときには何か対応が必要か

キャンセルを申し込んだときに、特別に何かそれ以外の手続きをする必要があるかは状況によって異なります。
料金が発生する場合では支払いをしなければなりません。
クレジットカードでの支払いになっているときにはカードが登録されている口座から引き落とされるので問題はないでしょう。

それ以外の場合には後日に請求が来るので、銀行やコンビニなどで支払うことが必要になります。
また、直前のキャンセルの場合にはwifiの端末が既に自宅に発送されてしまっていることもあります。
その際には業者側が指定する方法で返却しなければなりません。
着払いで宅配便で送り返すという場合もありますが、返送料も自費になることもあるので注意しましょう。

 

wifiを借りて海外に行こうと考えても、予定が変わってしまうとキャンセルする可能性があります。
キャンセル料は直前までかからないことが多いですが、ボーダーラインを越えてしまうと全額の支払いが必要になることがあるので注意が必要です。
キャンセル方法は業者によって異なるので、申し込みのときに方法を確認しておきましょう。