海外wifiレンタルにおすすめの業者の口コミや評判を比較してご紹介

海外Wi-Fiレンタル、バッテリーはどのくらいもつ?

海外のWi-Fiレンタルの場合、バッテリーの持続時間の目安は3時間もしくは4時間程度です。

ただし、それはWi-Fiに接続し続けた時の稼働時間です。

使い方によっては、もう少し時間を引き延ばす事はできます。

ただ万が一の事を考慮すると、念のためにモバイルバッテリーを準備しておく方が無難です。

 

連続で使用できるのは6時間目安

スマホを使い続けていると、電池切れで困ってしまうケースがあります。

スマホの機種によっては、それこそ6時間程度しか使い続けられない事もあります。

外出していれば、6時間はあっという間に過ぎてしまいます。

外出先で電池が切れそうになってしまい、困っている方々も少なくありません。

それを考慮して、最近ではスマホ用の充電サービスも登場しています。

それはスマホだけでなく、海外旅行向けのWi-Fi機器も同様です。

もちろんWi-Fi機器を稼働させる為には電力が必要ですから、電池切れになってしまえば、肝心の機能を発揮してくれます。

旅行先で電池切れになってしまえば、少々困ってしまいます。

それで海外旅行向けのWi-Fi機器の場合は、連続稼働時間は3時間目安になります。

機器によっては4時間程度の事もあります。

なぜ稼働時間が少々短いかというと、主に電波状況です。

国内のモバイル機器の場合、日本国内の電波状況向けになっています。

しかし外国は、日本国内とは電波状況が大きく異なります。

たとえ日本では長く稼働できるモバイル機器でも、外国ではあまり長く使い続けられない事も多いです。

現地の電波によって、電力が多く消耗されるイメージになります。

ただし、それも機器次第です。

レンタル業者によっては、かなり稼働時間が長い機器を借りる事ができます。

中には6時間程度は使い続けられるレンタル機器もあります。

ですから連続稼働時間は、レンタル業者を選ぶ基準の1つになるでしょう。

 

電源や動画などの利用状況にも左右される

ただし上述の3時間や4時間は、あくまでも「連続」で稼働し続けた時の話です。

実際には、稼働をストップする事も可能です。

不要な時は、なるべく電源を落としてみる方法もあります。

そもそも旅行先でWi-Fiを使用する機会は、それほど多くない事もあります。

旅行先にてWi-Fiを使用するとしたら、道が分からない時です。

旅行先で道に迷った時に、ちょっとWeb接続して地図で調べるケースはあります。

それ以外は、あまりWi-Fiを利用しない事も多いです。

Wi-Fiを使わないなら、電源を切っておけば問題ありません。

電源がオンになっていない限りは、電力は消耗されないからです。

Wi-Fiの使い方によっては、せいぜい1時間ぐらいしか電力を消耗しない事もあります。

ですから旅行先でWi-Fiが使えなくなるのを防ぐ為には、なるべく電源を切っておく方法もあります。

まして動画などは、なるべく再生しない方が良いでしょう。

旅行先でやや暇な時などは、動画を閲覧してしまっている方も多いですが、あまりおすすめできません。

数ある使い方の中でも、動画はかなり電力を消耗してしまう傾向があります。

少し動画を再生するだけでも、すぐにWi-Fiが使えなくなってしまう事もあるので、注意が必要です。

旅行中だけは、動画は閲覧しない方が良いでしょう。

それとSNSサイトも要注意です。

SNSというサービスは、動画や画像などが多く埋め込まれている傾向があります。

SNSを更新しただけでも、すぐにレンタルのWi-Fiが使えなくなってしまう事も多いです。

動画だけでなく、できればSNSも閲覧しない方が良いでしょう。

そこに気を付けていれば、電池切れになってしまうのも防ぎやすくなります。

 

予備の電池で稼働時間を延長させる

ただし上述の3時間や4時間という時間目安は、あくまでもWi-Fi機器単体の稼働時間です。

他の機器を使用する場合、もう少し引き延ばす事もできます。

例えばモバイルバッテリーです。

最近ではコンビニでも、充電機器や大容量の電池を販売しています。

予備の電池は、総じて容量が多いです。

Wi-Fi機器単体で使うよりも、遥かに長い時間使い続けられます。

ですから旅行に行く前に予備の電池は買っておく方が良いでしょう。

コンビニで買うなら、おおむね1000円から2000円目安になります。

ちなみに予備を使用する時の連続稼働時間は、電池次第です。

容量が大きい電池なら、比較的長い時間使い続けられる傾向があります。

万が一に備えて、大容量の電池を買っている方々も多いです。

またWi-Fiをレンタルできる業者によっては、電池もレンタル可能な事があります。

現にあるレンタル業者の場合は、日額250円で電池を借りる事ができます

ですからWi-Fi機器の稼働時間が心配な時は、電池のレンタルも検討してみると良いでしょう。

 

海外のWi-Fiレンタルは、連続稼働時間は3時間目安ではあります。

ただし動画やSNSなどを閲覧してしまうと、時間が大幅に短縮してしまう事もあるので、注意が必要です。

もしもそれが心配なら、予備のバッテリーを準備しておくと良いでしょう。